SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > SQL Server 2014 実践 No.1 インメモリ OLTP 機能の実践的な利用方法

SQL Server 2014 実践シリーズ (HTML 版)
「No.1 インメモリ OLTP 機能の実践的な利用方法」

松本美穂と松本崇博が執筆した SQL Server 2014 実践シリーズの「No.1 インメモリ OLTP 機能の実践的な利用方法」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2015年12月29日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

2.15 ネイティブ コンパイル SP での更新競合への対応

インメモリ OLTP は、楽観的同時実行制御が実装されているので、同じデータを更新した場合には、更新競合(41302 エラー)が発生します。これは、次のような状況です。

-- Native SP 顧客マスター更新
CREATE PROC p_顧客マスター_Update
@cardID nchar(16), @c3 datetime, @c4 int
WITH NATIVE_COMPILATIONEXECUTE AS OWNERSCHEMABINDING
AS
BEGIN ATOMIC
 WITH TRANSACTION ISOLATION LEVEL SNAPSHOT
        LANGUAGE N'japanese')
     UPDATE dbo.顧客マスター
       SET col3 @c3col4 @c4
        WHERE カードID @cardID AND カード種別 N'A1'
END
00161

実際の顧客マスターの更新は、前述したように主キー列を除いた全ての列データを更新していますが、説明を簡略するために、col3 とcol4 の更新のみにしています。また、この更新競合は、同じ(カードID, カード種別) に対する更新を、全く同時に行った場合にのみ発生するため、通常の運用では発生し得ない競合です。このお客様のポイントカード システムでは、同じカードID の操作は、特定の店舗(端末)での利用に絞られていて、同時に他の店舗から同じカードが利用されることはないからです。したがって、顧客マスターの更新においては、更新競合への対応をする必要はないのですが、他の処理で利用する場面はあり得るので、これを例に説明します。

◆ 更新競合への対応

更新競合への対応は、オンライン ブックの以下のトピックがそのまま利用できます。

メモリ最適化テーブルでのトランザクションの再試行ロジックのガイドライン
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn169141(v=sql.120).aspx

00162

このトピックでは、次のようにストアド プロシージャを作成する例が掲載されています。

00163

ネイティブ コンパイル SP を実行するための、通常のストアド プロシージャを作成して、BEGIN TRY でネイティブ コンパイル SP を実行して、実行が成功したのか、失敗したのかを判断して、成功したら WHILE ループを抜けて終了、失敗した場合は、CATCH ブロックでエラー番号が更新競合かどうか(41302、41305、41325、41301、1205 かどうか)をチェックして、これらの番号なら再試行を行う、そうでない場合は THROW で、該当エラーをそのまま通達する、という流れになっています。

CATCH ブロックで処理しているエラー番号の意味は、次のとおりです。

00164

これを、先ほどの顧客マスターの更新へ当てはめると、次のようになります。

00165

後は、ADO.NET 側で、次のように、このストアド プロシージャを呼び出すように変更すれば完了です。

00166

Tips:更新競合(41302)が多発する場合は、WAITFOR DELAY を設定
オンライン ブックのトピックにも記載されていますが、更新競合(41302 エラー)が多発する場合には、WAITFOR DELAY を設定して、タイミングを遅らせることも考慮することをお勧めします。
00167
上記のように「WAITFOR DELAY '00:00:00.001'」と記述した場合は、1ミリ秒待機して、再試行が行えるようになります。
詳しくは第4章で説明しますが、ナンバリング処理を手動で行っている(連番を手動で生成している)ような場合には、同時実行の多重度が上がった場合に(50多重や 100多重になった場合に)、1ミリ秒待機したとしても更新競合が発生してしまうことがあるので、「'00:00:00. 002'」のように 2ミリ秒へ変更したり、再試行回数(@retry)を 10 から 100 などへ増やしたりするなどの対応が必要な場合があります。
もちろん、これによって実行性能は低下することになるので、これを行うかどうかは処理の継続性とのトレードオフになります。そもそもナンバリング処理を手動で行うことを止めるという方法(IDENTITY シーケンスを利用するなど)もあるので、更新競合が多発するような状況は、現在のロジックを見直して、更新競合を避けるようなアプリケーション設計へ変更するチャンスとも言えます。

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)