SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

SQL Server BI/DWH 構築(支援)サービス

SQL Server を利用した 「BI」(ビジネス インテリジェンス)や「DWH」(データ ウェアハウス)、「ビッグデータ」 システムを構築するにあたって、以下のような内容を技術支援いたします。技術支援ではなく、実際の構築・開発作業を承ることも可能です。
・ SQL Server を活用したデータ分析/見える化支援

経営ダッシュボード予実管理ABC 分析顧客分析見える化システム構築ビッグデータ対応など、お客様が必要とする BI/DWH システムのイメージの明確化と実装をご支援いたします。実際の構築・開発作業を承ることも可能です。

コンサルタントからの言葉 (他社とはスピード・質が違う!)
弊社では、熟練のコンサルタントのみが作業を担当しますので、他社よりも早く、上質な BI/DWH システムを構築することができます。
また、支援サービスの場合は、情報システム部門の皆さんのスキルアップを支援しますので、サービス終了後は、皆さん自身の手でシステムの追加・修正を行っていくことが可能です (データ分析レポートを追加・修正するなど)。
データ分析/BI システムでは、レポートを参照するユーザーのニーズが常に変化していきます。1つレポートを作成/公開すると、さらに違う角度・分析軸でのレポートが欲しくなるなど、ユーザーの要求がどんどん高くなっていきますので、システムを自らの手で拡張していけることが非常に重要になります。
弊社の支援サービスでは、レポートの作成方法やデータの取得方法、運用管理など、さまざまな技術支援をさせていただいて、情報システム部門の皆さんが自立できることを最終目標としております。

・ データ分析レポート/見える化 レポートの作成

弊社では、データ分析レポートや見える化レポートのプロトタイプを作成いたします。プロトタイプではなく、実際に運用可能な状態の、納品物としてのレポート開発を承ることも可能です。レポートは、Reporting Services や PowerPivot、Excel、Web など、お客様の環境に合わせた最適なツールで作成させていただきます。BI ツールの選定についてもアドバイス可能です。

・ 最適なハードウェアの選定のご支援

SIer やハードウェア メーカー、販売代理店が提案するハードウェアは、オーバー スペック、かつ非常に高価であることが多々あります。 弊社では、最適なハードウェアの選定をご支援いたします。

・ 基幹システム/会計システムなどからのデータ抽出

DWH(データ ウェアハウス)を構築するにあたって、多くのお客様のデータは、いろいろなシステムに散在してしまっています。 SQL Server を利用すれば、基幹システム(Oracle や DB2、PostgreSQL など)や、会計システム(勘定奉行など)、Excel シート、Access データベースなどからデータを抽出することも簡単に行うことができます。

・ DWH の構築、ETL(抽出/変換/ロード)処理の実装支援

DWH の構築では、ETL(Extract/Transform/Load)処理がもっとも重要になります。ETL 処理とは、様々なデータソースからデータを抽出(Extract)して、分析可能な状態へ変換(Transform)、ロード(Load)を行う処理のことを指します。
BI ツールのベンダーがデモで利用するデータは、既に ETL 処理が行われたもの(DWH が構築されていることが前提のもの)である場合がほとんどで、BI ツールを売り込むために、都合の良い、見栄えが良くなるようなデータを用意しています。 これでは、その BI ツールを導入しても、ETL 処理の部分で大変な苦労をすることになります。 SQL Server を利用すれば、散在するデータを簡単に抽出/変換/ロードすることができるので、容易に DWH を構築することができます。

コンサルタントからの言葉 (皆さんがデータ サイエンティスト!)
昨今は、データ サイエンティストという職業がもてはやされていますが、データ分析がもっとも得意なのは、情報システム部門の皆さんです。データ サイエンティストとして、データ分析で最も重要になるのは、統計学ではなく、業務を理解していることです。その業務を最も理解しているのが、情報システム部門の皆さんだからです (日々の業務によって自然と身についています)。
あとは、ETL 処理を行って、データを綺麗に整理整頓しておくことで、簡単にデータ分析を行っていくことができます。データ分析においては、散在しているデータを収集して、さまざまな角度から分析できる形へ加工・整理整頓できる「データ スチュワード」(データ マネージメント、ETL 処理のスペシャリスト)のほうが重要になります。
弊社の支援サービスでは、これらの ETL 処理について手厚く技術支援をさせていただいております。

・ Excel シートのレポート化(自動化)支援

SQL Server を利用すれば、従来 Excel で管理していた様々なシートをレポート化することも簡単に行うことができます。Excel で管理する場合は、マクロを利用したり、手動で(人間の手で)データを管理・更新していく必要がありますが、手動でのデータ更新では、人為的なミスが発生する場合があります。そこで、Excel シートをレポート化することができれば、人の手を介さずに自動で管理していけるので、この問題を回避することができます。また、人件費の削減にも繋がっていきます。

・ 論理・物理設計、運用管理設計支援

弊社では、BI/DWH システムを構築するための最適な実装方法(DWH のためのテーブル設計や物理設計など)のご支援、SQL Server や Reporting Services のインストール手順、各種のオプション設定、運用管理(バックアップや定期メンテナンス)のための最適な実装方法などをご支援いたします (実際の構築作業を承ることも可能です)。

・ SQL Server で BI/DWH/ビッグデータをスモール スタート

SIer や BI ベンダーが提案する BI/DWH/ビッグデータ プロジェクトは、巨大・巨額プロジェクトになりがちです。これでは初期投資が非常に大きくなり、構築期間も長くなってしまいます (1年以上かかってしまうプロジェクトなど)。
時間がかかり過ぎるプロジェクトでは、出来上がったころにはシステムが陳腐化、という可能性もあります。また、(意図的に)ガチガチの作り込みが行われて、ちょっとした修正にも追加費用が請求される、というビジネスの場合もあります。
これらは、SQL Server を利用すれば、解決します。SQL Server には、標準で使いやすい BI ツールが同梱されているからです(DWH もビッグデータも実現可能です)。 SQL Server を利用すれば、安価なハードウェアを利用して BI をスモール スタートさせることができ、特別なツールを導入することなく、ユーザー自身の手で追加・修正を行っていくことができます。 そういったシステム作りやスキルアップのためのお手伝い(技術支援)を弊社では行わせていただいております。

・ そのほか、お客様の状況に応じて、以下の作業も対応可能です。

- Reporting Services を利用したデータ分析レポートの作成
- PowerPivot を利用したデータ分析レポートの作成
- Analysis Services を利用した OLAP キューブ(多次元データベース)の構築
- Analysis Services を利用した インメモリ BI 環境の構築
- Integration Services などの各種ツールの技術支援
- ASP.NET を利用した Web フロントエンド作成
- その他、懸念事項の整理と対応策のご支援など

コンサルタントの具体的なプロフィールについては、社員紹介ページをご覧下さい。

主なコンサルティング実績

ここでは、弊社が行ったコンサルティングの実績を一部ご紹介させていただきます。
  • 大手製造メーカーの 「CAD 端末の利用状況の見える化」 システム構築
    Oracle や CSV(Notes)、TSV ファイル、Excel からデータを抽出して、SQL Server 2012 上に DWH を構築。見える化レポートには Reporting Services を利用。
  • 大手映像制作会社の BI システム構築
    会計/業務システムにおける予実管理/原価管理など。
    従来 Excel で管理していたシートを Reporting Services のレポートへ完全移行。
    Oracle や勘定奉行からデータを抽出して、SQL Server 上に DWH を構築。
  • 大手アミューズメント企業の BI システム構築支援
    人事システムにおける人材パフォーマンス管理。
    Reporting Services による勤怠状況の見える化レポートの作成支援。
    PostgreSQL や人事システム、タイムカードからのデータ抽出など。
  • 大手流通系の DWH/BI システム構築支援
    POS データ/在庫データ分析/ABC 分析/ポイントカード分析など
  • 大規模テラバイト級データ ウェアハウスの構築支援
    物理・論理設計支援および運用管理設計支援
  • 外資系医療メーカーの BI システム構築支援
    Analysis Services(OLAP キューブ)と Excel による「販売分析」システムの構築支援。 売上および顧客データの多次元分析/自由分析(ユーザーによるドリルダウンやドリルアップ、フィルター操作が可能)
  • 大手企業の Analysis Services による「財務諸表分析」システムの設計支援
  • 大手出版業の Analysis Services による BI システムのパフォーマンス チューニング
  • 大手流通系の DWH システムのパフォーマンス チューニング
    データ量 100億件の DWH システム、総ステップ数2万越えのストアド プロシージャのパフォーマンス チューニング
  • 9 TB データベースの物理・論理設計支援 (パーティショニング対応など)
  • Reporting Services、Integration Services、Analysis Services の技術支援 など

ご相談・お申し込みの流れ

まずは、メールにてお問い合わせ・ご連絡ください。
  1. メールにて会社名と御担当者様のお名前を明記の上、miho_matsumoto@sqlQuality.com
    (担当: 松本美穂) まで、ご連絡ください。
  2. 弊社のコンサルタントがお話を伺いに参ります (関東圏外の場合はメールまたはお電話で詳細を伺います)。
  3. 弊社で実施が可能と判断した場合には、お見積りを提出させていただきます。
  4. お客様にお見積りを見ていただき、発注の判断をしていただきます。
  5. 発注書をいただいた上で、BI コンサルティングまたは BI/DWH 構築サービスのフェーズに入らせていただきます。

 

お申し込み条件
  • SQL Server のエンド ユーザー企業様

 

お見積りの目安 (過去の作業例)
  • A 社 DWH 構築、レポート開発、予算入力 UI 開発 (3ヶ月)
    • 期間 3ヶ月のレポート開発、予算入力 UI 開発 300万円
      - SQL Server 2008 R2 Standard Edition を利用
      - DWH/Reporting Services 環境の構築(VMware vSphere 仮想環境)
      - DWH 構築(Oracle および勘定奉行からのデータ抽出、ETL 処理の実装)
      - Excel シート(予実管理)をレポート化
        レポート開発3つ(大 → 中 → 明細 形式)
      - 予算入力のための UI 開発(ASP.NET Web フォームを利用) など
    • 本案件では、技術支援(コンサルティング)という形ではなく、弊社が実際の DWH 構築および ETL 処理の実装、レポート開発、予算入力用の UI の開発を行って納品させていただく形をとらせていただきました。 もともと Excel で人手で管理していた予実管理シートを、Reporting Services でレポート化(自動化)することで、人為的なミスをなくすことができました。また、データのチェックも不要になり、人件費の削減にも繋がりました。
  • A 社 別件のレポート作成支援 (2ヶ月+フォローアップ 1ヶ月)
    • 期間 2ヶ月のレポート作成支援 + 1ヶ月間のメール サポート 250万円
      - 週 1回のロング ミーティング(14:00~17:00、状況に応じて 19:00になることも)
      - 原価見える化レポート4つ(大→ 中 → 小 → 明細 形式)の作成支援
      - Reporting Services レポートの作成方法の伝授
      - DWH 構築および ETL 処理の実装方法の伝授
    • 本案件では、弊社がレポートを開発するのではなく、情報システム部の皆様のスキルアップを主目的として、レポートを作成するための技術支援(ツールの使い方や、具体的な実装手順)を、レポートを作るお手伝いをさせていただきながら伝授させていただきました。 また、前案件での DWH 構築および ETL 処理の実装方法についてもスキル トランスファーを行いました。
      本案件終了後、A 社様では、(弊社のサポートなしで)情報システム部の皆様の手によって、レポートを 7つ追加で自作して、運用されています。また、弊社が納品したレポートについても、自由に追加・修正を行って運用されています。
      当初、コンペになっていた BI ツール製品では、ソフトウェア料金と初期導入コンサルティング費用だけで約1千万円を提示されていましたので、弊社をご選択いただいたことで、短期的にも、長期的にも大きなコスト削減を実現、社員のスキルアップも図ることができました。
  • B 社 DWH/BI システム構築 (合計 4ヶ月)
    • 期間 3ヶ月 のレポート開発 300万円
      - SQL Server 2012 Standard Edition を利用
      - DWH/Reporting Services 環境の構築(Hyper-V 仮想環境)
      - データ分析レポート3つ(大→ 中 → 明細 形式)の作成
      - DWH 構築(CSV、TSV、Oracle、Excel からのデータ抽出)
    • 期間 1ヶ月 のスキル トランスファー 100万円
      - 週 1回のロング ミーティング(14:00~17:00、状況に応じて 19:00になることも)
      - Reporting Services レポートの作成方法の伝授
      - DWH 構築および ETL 処理の実装方法の伝授
    • 本案件では、弊社が実際の DWH 構築および ETL 処理の実装、レポート開発を行って納品させていただく形をとらせていただきました。 また、開発後、1ヶ月間の技術支援(情報システム部の皆様のスキルアップ支援)として、レポートの作成方法や、DWH 構築手順、ETL 処理の実装方法などのスキル トランスファーを行いました。 本案件終了後、B 社様では、(弊社のサポートなしで)情報システム部の皆様の手によって、レポートを1つ自作・追加して、運用されています。また、弊社が納品したレポートについても、自由に追加・修正を行って運用されています。

    コンサルタントからの言葉 (他社とはスピード・質が違う!)
    弊社では、熟練のコンサルタントのみが作業を担当しますので、他社よりも早く、上質な BI/DWH システムを構築することができます。
    また、仕様変更にも柔軟に対応しております。他社では、仕様を決めるために数ヶ月、仕様決定後は一切変更を受け付けない(仕様変更には追加費用が発生)という場合がありますが、弊社ではそういったことはありません。 BI システムは、作っていくうちに仕様を変更したくなることが多々発生しますので、弊社では逐次お客様のご意見をお伺いしながら、一緒に作成していくことで、柔軟に対応しております。

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2016 の教科書
SQL Server 2016 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2016 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ダウンロードはこちら
セミナー風景
セミナー風景

ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要(Amazon Kindle 書籍)

弊社執筆の
SQL Server 2014 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
目次はこちら

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
ダウンロードはこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第56回:「SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践」完成&公開!
第55回:書籍「SQL Server 2016の教科書 開発編」(ソシム)が発刊されました
第54回:「SQL Server 2016 プレビュー版 Reporting Services の新機能」自習書のお知らせ
第 53 回:SQL Server 2016 Reporting Services の新しくなったレポート マネージャーとモバイル レポート機能
第 52 回:SQL Server 2016 の自習書を作成しました!
第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)