SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング
Microsoft Tech・Ed Japan 2010
 <終了しました>
日時・場所: 2010 年 8 月 26 日(木) 9:20 - 10:30 横浜
セミナー名: T4-305:スケールしないシステムにおける開発者の過ち - SQL Server の場合
概 要: 本セッションでは、SQL Server を利用したアプリケーション開発において、開発者の方々がミスをしやすいポイントを、弊社が過去に実施してきたコンサルティング例を交えながらご紹介します。スケールしないシステムにありがちな、ロックの設定や SQL の書き方など、性能へのインパクトが大きいものを中心に、アプリケーション開発における注意すべきポイントを、デモを交えつつ、具体的にご紹介します。
担当講師: 松本崇博
日時・場所: 2010 年 8 月 26 日(木) 13:45 - 14:55 横浜
セミナー名: T4-304:Microsoft BI を支える Reporting Services & PowerPivot ~ 松本美穂のすぐに使える BI システム構築の技 ~
概 要: SQL Server 2008 R2 の Reporting Services は、短時間で見栄えの良いレポート作成を可能とし、PowerPivot は、パワフルかつ手軽な多次元データ分析ツールとして、共に現場で非常に役立つ機能です。どちらも手軽に BI システムを構築できることが最大のメリットですが、実際の構築にあたっては、考慮すべきポイントがいくつかあります。 そこで、本セッションでは、これらの BI システムを構築する際のポイントや注意事項 (どのような点に気をつけていけば良いのかなど) を SQL Server のコンサルタントとしての視点からご紹介します。
担当講師: 松本美穂
日時・場所: 2010 年 8 月 25 日(水) 15:20 - 16:30 横浜
セミナー名: TH-202:SQL Server 2008 R2 新機能ダイジェスト
概 要: 2010年 5月から発売された SQL Server の最新バージョンとなる「SQL Server 2008 R2」(開発コード名: Kilimanjaro)。SQL Server 2008 R2 では、何がどう変わるのか? 注目の新機能は何なのか? 本セッションでは、SQL Server 2008 R2 の新機能について、SQL Server のコンサルタントの視点から、デモを交えつつ、ご紹介します。SQL Server ユーティリティ(マルチ サーバー管理)や DAC(データ層アプリケーション)、Unicode 圧縮、PowerPivot for Excel 2010/SharePoint 2010 、Reporting Services の新機能、MDS(マスター データ サービス)、StreamInsight などについて、ダイジェスト版でお届けします。
担当講師: 松本崇博
日時・場所: 2010 年 8 月 26 日(木) 16:55 - 18:05 横浜
セミナー名: TH-204:SQL Azure 体験 - ハンズオン形式で操作体験
概 要: 本セッションでは、Windows Azure の購買手続きをすでに行っている方を対象に、SQL Azure の具体的な操作手順(テーブルの作成やデータの追加、スクリプト生成ウィザードなど)を、ハンズオン形式で実際に操作していただきます(操作手順書には、SQL Server 2008 R2 自習書シリーズの「SQL Azure 入門」を利用します)。皆さんにノートPC を持参していただき、ルーム内に配置したサーバーへリモート デスクトップ経由で接続して,いただきます。ルーム内のサーバーには、SQL Server 2008 R2 をインストール済みですので、皆さんのノート PC には SQL Server 2008 R2 がインストールされている必要はありません。
担当講師: 松本崇博
主 催: マイクロソフト株式会社
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.microsoft.com/japan/teched/2010/regi/registOutline.aspx

SQL Server 2008 R2 プレビュー セミナー
 <終了しました>
日時・場所: 2009 年 12 月 22 日(水)、2010 年 2 月 1 日(月) 新宿
セミナー名: SQL Server 2008 R2 の新機能ダイジェスト
概 要: SQL Server 2008 の次期バージョンとなる「SQL Server 2008 R2」(開発コード名: Kilimanjaro)。SQL Server 2008 R2 では、何がどう変わるのか? 注目の新機能は何なのか? 本セミナーでは、SQL Server 2008 R2 の新機能について、ユーザーの視点から、 デモンストレーション満載でご紹介します。マルチサーバー管理やDAC(データ層アプリケーション)、 PowerPivot for Excel 2010 / SharePoint 2010、Reporting Services の新機能、StreamInsight、MDS(マスター データ サービス)などについてどこよりも早く、ご紹介します。
担当講師: 松本崇博・松本美穂
主 催: マイクロソフト株式会社
会 場: 12/22 マイクロソフト新宿オフィス 6F セミナールーム
  2/1 新宿マインズタワー 15F セミナールーム3
詳細・申込先: http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032439461& Culture=ja-JP

Microsoft Tech・Ed Japan 2009
 <終了しました>
日時・場所: 2009 年 8 月 26 日(水) 15:15 - 16:25 横浜
セミナー名: TH-306:SQL Server 監視ツールの利用
概 要: SQL Server 2008 には、パフォーマンス チューニングやトラブル シューティング時に役立つ監視ツールがたくさん用意されています。その代表例が「利用状況モニター」や「プロファイラー」、「パフォーマンス データ コレクション」です。これらの便利な監視ツールについて、弊社のコンサルティング現場での使用例を交えながら、具体的かつ実践的にご紹介します。 ある日、突然 SQL Server 2008 の管理を任されてしまったという方や、もう一度 SQL Server 2008 の監視ツールの利用方法を復習し直したいという方にお勧めのセッションです。
担当講師: 松本崇博
日時・場所: 2009 年 8 月 26 日(水) 16:50 - 18:00 横浜
セミナー名: TH-307:SQL Server 動的管理ビュー再入門
概 要: 動的管理ビュー (DMV : Dynamic Management Views) は、Oracle での 「動的パフォーマンス ビュー」 に相当する機能で、パフォーマンス チューニングやトラブル シューティング時には不可欠といっても過言ではない機能です。動的管理ビューを利用すれば、SQL Server のメモリや CPU、ディスク、tempdb、インデックスの使用状況といった内部動作を詳細に監視することができるので、パフォーマンス低下の原因やトラブルの原因を究明するのに大変役立ちます。 本セッションでは、弊社のコンサルティング現場での動的管理ビューの使用例を交えながら、具体的かつ実践的にご紹介します。
担当講師: 松本崇博
日時・場所: 2009 年 8 月 28 日(金) 15:15 - 16:25 横浜
セミナー名: T4-301:SQL Server 2008 運用管理再入門
概 要: 本セッションでは、SQL Server 2008 の運用管理に役立つ機能やツールをご紹介します。Management Studio のレポート機能を利用したデータベースの使用状況やテーブル サイズ、インデックスの断片化状況の確認、パフォーマンス データ コレクション機能を利用したリソース (CPU やメモリ、ディスクなど) の使用状況の確認などについて、具体的な利用方法を交えながらご紹介します。 ある日、突然 SQL Server 2008 の運用管理を任されてしまったという方や、もう一度 SQL Server 2008 の運用管理機能を復習し直したいという方にお勧めのセッションです。
担当講師: 松本美穂
主 催: マイクロソフト株式会社
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.microsoft.com/japan/teched/2009/regi/registOutline.mspx

Microsoft Tech・Ed 2008 Yokohama
 <終了しました>
日時・場所: 2008 年 8 月 26 日(火)横浜
セミナー名: T5-303:SQL Server 2008 Reporting Services 徹底詳解とサイト作成の実践
概 要: SQL Server 2008 で大きく進化した Reporting Services は、SQL Server 2008 の目玉の機能の一つです (私の中では、SQL Server 2008 の新機能のベスト 3 に入ります)。SQL Server 2008 の Reporting Services は、Tablix やゲージ、強化されたグラフ機能などによって、より実践的、かつ見栄えの良いレポートを簡単に作成できるようになっています。より親しみやすく、パワフルになった Reporting Services の利用方法について、デモンストレーション満載で具体的にご紹介します。
担当講師: 松本美穂
日時・場所: 2008 年 8 月 28 日(木)横浜
セミナー名: T5-302:SQL Server 2008 実践! パフォーマンス チューニング
概 要: SQL Server 2008 では、パフォーマンス チューニングに役立つ機能やツールが大幅に強化されています。データ コレクションによる自動的なデータ収集や、レポート機能によるパフォーマンス状況の視覚化、利用状況モニタによる各種待ち状況 (Wait Stats) のリアルタイム把握など、いずれも現場で役立つものばかりです。これらのツールを利用することで何がどう役立つのか、弊社が過去に実施してきたコンサルティング例を交えながら、パフォーマンス チューニングのコツをご紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: マイクロソフト株式会社
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.event-marketing.jp/events/te08/session/session_schedule.aspx

SQL Server 2008 プレビュー セミナー
 <終了しました>
日時・場所: 2008 年 3 月 19 日(水)新宿
セミナー名: ココに注目! SQL Server 2008 の新機能
概 要: SQL Server 2005 の次期バージョンとなる「SQL Server 2008」(開発コード名: Katmai)。SQL Server 2008 では、何がどう変わるのか? 注目の新機能は何なのか? 本セッションでは、SQL Server 2008 の新機能について、ユーザーの視点から、デモンストレーション満載で、具体的にご紹介します。
リソース ガバナーやポリシー ベース管理(DMF: Declarative Management Framework)、Data Collection、変更管理、Backup 圧縮、Transact-SQL の新機能(MERGE や GROUPINGSET、新しいデータ型 etc)、Reporting Services やAnalysis Services などの BI(ビジネス インテリジェンス)の新機能も交えて、SQL Server 2008 注目の新機能をどこよりも早く、ご紹介します。
また、マイクロソフト社の SQL Server 開発部門からプログラム マネージャを招いてのスペシャル セッションも実施します。 このスペシャルセッションでは、データベース エンジンの強化点と、FILESTREAM や地図情報データのハンドリングなどの注目の新機能について詳細に解説します。
担当講師: 松本崇博・松本美穂
主 催: マイクロソフト株式会社
会 場: マイクロソフト新宿オフィス 5F セミナールーム
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/2008/071206_seminar.aspx

PASSJ SQL Server 2008 CTP5 プレビュー セミナー
 <終了しました>
日時・場所: 2007 年 12 月 6 日(木)新宿
セミナー名: ココに注目! SQL Server 2008 の新機能
概 要: SQL Server 2005 の次期バージョンとなる「SQL Server 2008」(開発コード名: Katmai)。SQL Server 2008 では、何がどう変わるのか? 注目の新機能は何なのか? 本セッションでは、SQL Server 2008 の新機能について、ユーザーの視点から、デモンストレーション満載で、具体的にご紹介します。
リソース ガバナーやポリシー ベース管理(DMF: Declarative Management Framework)、Data Collection、変更管理、Backup 圧縮、Transact-SQL の新機能(MERGE や GROUPINGSET、新しいデータ型 etc)、Reporting Services やAnalysis Services などの BI(ビジネス インテリジェンス)の新機能も交えて、SQL Server 2008 注目の新機能をどこよりも早く、ご紹介します。
担当講師: 松本崇博・松本美穂
主 催: PASSJ
会 場: 新宿マインズタワー15F セミナールーム3
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/2008/071206_seminar.aspx

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama
 <終了しました>
日時・場所: 2007 年 8 月 23 日(木)横浜
セミナー名: T6-403: SQL Server 2005 データベースの定期メンテナンスによるパフォーマンス向上
概 要: データベースのパフォーマンスを良い状態に保つには、定期的なメンテナンスが欠かせません。 そこで、本セッションでは、SQL Server 2005 のデータベースにおいて、定期的に行うべきメンテナンス作業とそのパフォーマンスへの影響についてご説明します。
「開発時やテスト時には問題がなかったのに、本稼動後しばらくしてからパフォーマンスが悪くなった」という経験はないでしょうか? そうならないためのメンテナンス作業として、ファイル サイズの管理やインデックスのメンテナンス、統計の更新などを中心にご紹介します。弊社が過去に実施してきたコンサルティング例をもとに、データベースの定期メンテナンスのポイント (ベスト プラクティス) をご紹介します。
担当講師: 松本美穂
主 催: マイクロソフト
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.event-registration.jp/events/te07/

Microsoft Tech・Ed 2006 Yokohama
 <終了しました>
日時・場所: 2006 年 8 月 30 日(水)横浜
セミナー名: T2-308:松本美穂の「動的管理ビューでいってみよう」
概 要: SQL Server 2005 の新機能である動的管理ビュー (DMV:Dynamic Management Views) は、SQL Server のメモリや CPU、ディスク、tempdb の使用状況といった内部動作を詳細に監視できる機能です。以前のバージョンの SQL Server では、監視ができなかったものや、監視が困難だったものを容易に監視できようになり、SQL Server 2005 のパフォーマンス チューニングには不可欠な機能と言えます。本セッションでは、動的管理ビューによる具体的な監視例と、そこから読み取れる SQL Server の状態についてご紹介します。
担当講師: 松本美穂
日時・場所: 2006 年 8 月 31 日(木)横浜
セミナー名: T2-305:SQL Server 2005 Analysis Services ディープ ダイブ
概 要: the 2007 Microsoft Office System で大幅に強化された BI (ビジネス インテリジェンス) 機能は、SQL Server 2005 Analysis Services のパフォーマンスを最大限に引き出します。本セッションでは、マイクロソフト テクノロジーによる高度でハイクオリティなデータ分析環境の構築方法について、Analysis Services を交えてご紹介します。Analysis Services については、ROLAP や MOLAP の内部動作を具体的にご紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: マイクロソフト
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.event-registration.jp/events/te06/

アフタースクール・フェスタ 2006
 <終了しました>
日時・場所: 2006 年 5 月 20 日(土)東京
セミナー名: C-1: SQL Server 2005 インデックスの基本
概 要: 2 年前の「デベロッパーサミット 2005」で好評をいただいた「SQL チューニング ~インデックスの理解~」のブラッシュアップ版です。SQL Server の「ヒープ」や「クラスタ化インデックス」、「非クラスタ化インデックス」の構造を確認しながら、インデックスに対する理解を深めます。デモでは SQL Server 2005 を使いますが、内容は SQL Server 2000 でもほとんど同じです。
担当講師: 松本美穂
セミナー名: C-2:SQL Server 2005 インデックスの新機能
概 要: このセッションでは、カバリング インデックスと SQL Server 2005からの新機能である「インデックスInclude」(付加列インデックス)との比較や、インデックスの断片化(フラグメント)の調査方法などについてご紹介します。
担当講師: 松本美穂
セミナー名: C-3:SQL Server 2005 スナップショット分離レベル
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 の新機能である「スナップショット分離レベル」(Snapshot Isolation Level)と「READ COMMITTED SNAPSHOT」による読み取り一貫性の実装(排他ロックにブロックされない読み取りの実現)について、デモを中心にご紹介します。
SQL Server 独特のロックまわりの動作を説明しながら、また、動的管理ビューで tempdb を監視して、読み取り一貫性のオーバーヘッドについてもご紹介します。
担当講師: 松本崇博
セミナー名: C-4: SQL Server 2005 データ パーティション
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 の新機能である「データ パーティション」について説明します。 データ パーティション(レンジ パーティショニング)の作成手順や、スライディング ウインドウの実装手順、一部のファイル破損時の復旧手順などについて、デモを中心にご紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ 有志メンバー
会 場: TIME24
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/afterschoolfesta/...

PASSJ Conference 2006 with VSUG
 <終了しました>
日時・場所: 2006 年 1 月 25 日 (水) 東京
セミナー名: SQL Server 2005 パフォーマンス監視ツールの活用
~ 動的管理ビューで変わるチューニングの世界 ~
概 要: このセッションでは SQL Server 2005 で大幅に強化されたパフォーマンス チューニングに役立つ機能やツールをご紹介します。“XML Showplan”による実行プランの移動や“Missing Index”による推奨インデックスの提示、プロファイラの強化ポイント、 Management Studio のレポート機能、動的管理ビューについて、デモンストレーション満載でお届けします。
プロファイラでは、SQL Server 2005 から追加された便利なイベント クラス(Dead lock graph、 Blocked process report)や、システム モニタとの統合、SMO によるトレース実行などをご紹介し、Management Studio のレポート機能では、ファイルの自動拡張や sp_configure による構成変更の履歴、 CPU 利用の多い上位クエリ、メモリ使用量の内訳、ロック数の多い上位クエリといった SQL Server 2000 では監視の難しかったものが、どれだけ簡単に監視できるようになったのかをご紹介します。また、レポート機能では情報が不十分な場合には“動的管理ビュー”を使ってより詳しく調べていくこともできるので、これについてもご紹介します。
担当講師: 松本美穂 & 松本崇博
主 催: PASSJ
会 場: 赤坂プリンス ホテル
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/conf2006/

Microsoft Get MCDBA キャンペーン
 <終了しました>
日時・場所: 【第 1 回】 2005 年 11 月 21 日 (月)
【第 2 回】 2005 年 12 月 14 日 (水)
【第 3 回】 2006 年 1 月 16 日 (月)
セミナー名: ここだけは押さえておきたい MCDBA 受験のコツ
概 要: 「実務経験があり十分な実力はあるのに試験の合格が難しい」「試験には興味があるけどどこを勉強したらよいのか分からない」「試験の方向性を知ることで今後の学習のきっかけを作りたい」という方におすすめです。
・MCDBA とは
・70-229 (設計と実装) 学習のポイント
・2 科目共通の学習のポイント
・70-228 (システム管理) 学習のポイント
・今後の学習のアドバイス
担当講師: 松本美穂 & 松本崇博
主 催: マイクロソフト
会 場: 【第 1 回】マイクロソフト株式会社 本社 (新宿オフィス)
【第 2 回】新宿住友ビル マイクロソフト トレーニングルーム
【第 3 回】新宿住友ビル マイクロソフト トレーニングルーム
詳細・申込先: http://www.microsoft.com/japan/SQL/mcdba/...

Microsoft Tech・Ed 2005 Yokohama
 <終了しました>
日時・場所: 2005/8/3(水)横浜
セミナー名: T2-316:におけるデッドロックの回避手法
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 におけるデッドロックの回避手法を説明します。プロファイラによるデッドロックの監視方法、トランザクションの分離レベル(Isolation Level)の誤用による変換デッドロック、テーブル スキャンが原因で発生するデッドロック、SQL Server 2005 からの新機能である 「スナップショット分離(Snapshot Isolation) レベル」 および 「READ COMMITTED SNAPSHOT」について、デモンストレーション満載でお届けします。スナップショット分離においては、動的管理ビュー (DMV) を用いた監視方法についても説明します。
担当講師: 松本美穂
日時・場所: 2005/8/5(金)横浜
セミナー名: T2-309: SQL Server 2005 Analysis Services によるリアルタイム データ分析の実践
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 の Analysis Services について、デモンストレーション満載でお届けします。新しくなったキューブ ウィザード、データソース ビュー、ディメンションの属性と階層、パースペクティブ、KPI、UDM (統合ディメンション モデル)、プロアクティブ キャッシュなどを説明します。
担当講師: 松本崇博
主 催: マイクロソフト
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://http://www.event-registration.jp/events/te05/

SQL Server 2005 CTP セミナー 
 <終了しました>
日時・場所: 2005/6/24(金) 東京
セミナー名: SQL Server 2005 April CTP トップ10
概 要: このセッションではSQL Server 2005 の新機能の中から選りすぐりのものをピックアップして 紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: 全国情報サービス産業厚生年金基金会館
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/2005_CTP/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

速習 SQL Server 2005 スキルアップセミナー
 <終了しました>
日時・場所: 2005 年 5 月 23 日(月)~ 24 日(火) 大阪、
2005 年 5 月 25 日(水)~ 26 日(木) 東京
セミナー名: 【SQL2】データベースの運用管理/バックアップリストア手法
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 による、データベースの運用管理の具体的な方法について紹介します。バックアップとリストアに関するベストプラクティスを新しい機能であるデータベース パーティショニングの機能を交えて紹介します。
担当講師: 松本崇博
セミナー名: 【SQL7】パフォーマンスチューニング手法
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005 におけるパフォーマンスチューニングの手法、およびインデックス チューニングに特化した具体的な手法についてを紹介します。
担当講師: 松本美穂
セミナー名: 【ADV 7】トランザクションの分離とバージョン管理
概 要: このセッションでは、SQL Server 2005によるロックの発生しにくいデータベース設計の手法を、トランザクション分離、スナップショット分離などの機能から紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: 日経コンピュータ
協 賛: マイクロソフト
会 場: (大阪)ホテルニューオータニ大阪、(東京)新高輪プリンスホテル
詳細・申込先: http://ac.nikkeibp.co.jp/dri/ms/

Developers Summit 2005 
 <終了しました>
日時・場所: 2005/2/4(金)東京
セミナー名: SQL チューニング ~インデックスの理解 : SQL Server 編~
概 要: このセッションでは初級ユーザーを対象に中・上級者へステップアップするための、SQL チューニングのポイントを説明します。SQL Server を題材に、ヒープ、クラスタ化インデックス、非クラスタ化インデックスの構造を比較しながらデモを交えて分かりやすく解説します。
担当講師: 松本美穂
主 催: 株式会社 翔泳社
会 場: 青山ダイヤモンドホール
詳細・申込先: http://www.seshop.com/event/dev/

Try&Learning SQL Server 2005 ベータ2 セミナー
 <終了しました>
日時・場所: 2004/11/15 (月) 名古屋
2004/11/16(火) 大阪
2004/11/25(木) 東京>
セミナー名: Session-1:SQL Server 2005 ベータ 2 でいってみよう
概 要: SQL Server 2005 ベータ 2 の機能を評価するにあたって、インストールや操作でつまずかないように、スムーズな導入方法と一新されたツール群について紹介します。
担当講師: 松本美穂
セミナー名: Session-2:Server 2005 ベータ 2 ベスト 10
概 要: SQL Server 2005 の機能の中から、便利になったものや他社製品にはない機能など選りすぐりのものを Pickup して紹介します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: <名古屋> 愛知県産業貿易館 西館
<大阪> 大阪ビジネス会議センター
<東京> 全国情報サービス産業厚生年金基金会館
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/2005/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

PASSJ アフタースクール
 <終了しました>
日時・場所: 2004/11/8 (月), 11/18(木) 19:00 ~ 21:00
計 2 回 4 時間 東京
セミナー名: オラクル ユーザーのための SQL Server 入門
概 要: Oracle ユーザーの方を対象に、SQL Server との違いを説明します。
「Oracle での操作や動作が SQL Server ではどう違うのか?」「どこに注意すれば良いのか?」「具体的な手順は?」といった解説を心がけ、デモンストレーション満載でお届けします。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: マイクロソフト(株) 新宿オフィス 17階セミナールーム
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/afterschool/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

PASSJ 1 Day Seminar 大阪
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 10 月 12 日(火) 大阪
セミナー名: オラクル ユーザーのための SQL Server 入門
概 要:/td> Oracle Serverとの違いを説明します。読み取り一貫性やロックの考え方の違い、カバードクエリ、メモリ監視方法など分かりづらいトピックや特にはまりがちな動作の違いにスポットを当てて説明します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: 大阪ビジネス会議センター
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/1day2004/osaka.aspx
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

PASSJ 1 Day Seminar 東京
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 9 月 21 日(火) 東京
セミナー名: オラクル マスターのための SQL Server
概 要: Oracle 技術者(主に Oracle 8 / 8i / 9i を利用している方)を対象に SQL Serverとの違いを説明します。読み取り一貫性やロックの考え方の違い、カバードクエリ、メモリ監視方法など分かりづらいトピックや特にはまりがちな動作の違いにスポットを当てて説明します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: アルカディア市ヶ谷
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/1day2004/tokyo.aspx
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

Microsoft Tech・Ed 2004 Yokohama
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 9 月 7 日(火) 東京
セミナー名: L2-211: SQL Server と Microsoft Office System による Business Intelligence ソリューション
概 要: SQL Server 2000 Reporting Services, Office Excel Add-in for Analysis Services および Office Business Scorecard Accelertor による全社レベルに最適な Business Intelligence ソリューションの実現方法についての概要を紹介します。
日時・場所: 2004 年 9 月 9 日(木) 東京
セミナー名: T2-374: SQL Server 2005:Reporting Services によるレポーティング アプリケーションの構築
概 要: SQL Server 2005 Reporting Services は、カスタム Web サイトやツールに統合したり、開発者によりパッケージ アプリケーションに埋め込んだりすることができます。レポートサーバー SOAP と URL プログラム インタフェースの活用とともに XML 形式の Report Definition Language (RDL) を使用して、開発者がどのようにレポート定義を作成できるかをご覧ください。次期バージョンの Reporting Services が、どのように Visual Studio 2005 に統合されるかについても紹介します
担当講師: 松本崇博
主 催: マイクロソフト
会 場: パシフィコ横浜
詳細・申込先: http://www.event-registration.jp/events/te04/

PASSJ アフタースクール
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 8月18日(水), 25 日(水), 9月1日(水)
19:00~21:00 計 3 回 6 時間 東京
セミナー名: 超初心者向けデータベース講座
概 要: データベースをまったく知らない方を対象に、データベースの役割と基本的な仕組みについて学びます。これからデータベースに携わっていく方に最低限覚えておいてほしい知識を短期間で効率よく学びます。
Windows 上で動作する代表的な RDBMS である「Microsoft SQL Server」のデモを交えながら説明します。
担当講師: 松本美穂
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: 株式会社 翔泳社 1F セミナールーム
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/afterschool/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

PASSJ 合宿 2004 in 熱海
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 6 月 12 日(土)~ 13 日(日) 熱海
セミナー名: Reporting Services 応用編
概 要: 中上級者向けの内容です。
「Reporting Services 懇親会デモの手順書」 または  「SQL Server 自習書シリーズ No.16 Reporting Services レポート作成」 を前提として、応用的なレポート作成(レポートを ASP.NET や Windows Form に埋め込む方法など)と Reporting Services の応用的な使い方を説明します。
担当講師: 松本崇博
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: 熱海ビレッジ
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/semievent/semi/040612/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

PASSJ Conference 2004
 <終了しました>
日時・場所: 2004 年 2 月 20 日 (金) 東京
セミナー名: Expert-03: パフォーマンス チューニング ~監視のコツ~
概 要: システムモニタやプロファイラを使った監視のコツをデモンストレーション満載でお届けします。メモリ使用量の内訳やメモリが解放されない理由、プロシージャキャッシュ、データバッファキャッシュ、接続メモリ、ロックエスカレーション、ロック待ち、デッドロックの監視方法など、初級者が勘違いしやすい動作を中心に説明します。
担当講師: 松本崇博
セミナー名: SQL Server 2000 Reporting 懇親会イベント
概 要: 18時半から開始される各セッション終了後の懇親会で、SQL Server 2000 に新しく同梱されることになった Reportin Services を紹介します。
担当講師: 松本崇博 & 松本美穂
主 催: PASSJ (SQL Server ユーザーグループ)
会 場: 東京コンファレンスセンター・品川
詳細・申込先: http://www.sqlpassj.org/conf2004/
* 申込みには、PASSJ 会員登録(無料)が必要です

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2016 の教科書
SQL Server 2016 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2016 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ダウンロードはこちら
セミナー風景
セミナー風景

ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要(Amazon Kindle 書籍)

弊社執筆の
SQL Server 2014 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
目次はこちら

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
ダウンロードはこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第55回:書籍「SQL Server 2016の教科書 開発編」(ソシム)が発刊されました
第54回:「SQL Server 2016 プレビュー版 Reporting Services の新機能」自習書のお知らせ
第 53 回:SQL Server 2016 Reporting Services の新しくなったレポート マネージャーとモバイル レポート機能
第 52 回:SQL Server 2016 の自習書を作成しました!
第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)