SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

第 53 回:SQL Server 2016 Reporting Services の新しくなったレポート マネージャーとモバイル レポート機能

2016年3月28日

みなさん、こんにちは。
春分の日を過ぎて、桃の花の美しい季節となりました。私たちの近所では白木連、こぶしの花なども盛りを迎えています。SQL Server 2016 も、先日 RC 版が公開されて、製品版もついそこまで迫っているといったところでしょうか。私自身も何だか気持ちがそわそわして、PC と睨めっこしてしまう毎日です。

メジロと桃
桃の花とメジロ

■ SQL Server 2016 Reporting Services モバイル レポート
SQL Server 2016 について、私自身が現在、一番注目している機能といえば、Reporting Services です。2016 からは Datazen の機能が統合されて、大きく変わっています。一番は、モバイル レポートの機能が追加されたことと、レポート マネージャーが完全リニューアルされたことでしょうか。

リニューアルされたレポートマネージャー(完全 HTML5 対応)
新しくなったレポート マネージャー

SQL Server 2016 Reporting Services のモバイル レポート
Reporting Services のモバイル レポート

誤解のないように言うと、SQL Server Reporting Services のレポートは、以前から、普通にスマホやタブレットからアクセスすることができたので、そういう意味では元々、モバイル対応レポートですよね。
では何が違うかというと、スマホやタブレットのような小さな画面でも、一画面で表示して使うのに最適なレポートが簡単に作れるようになったということです。このため、従来のレポートは「ページ分割されたレポート」という形で、新しいレポートマネージャーでは区別されるようになっています。
従来のレポート(.rdl)は、今までどおり レポート ビルダーで、モバイル レポートは、モバイル レポート パブリッシャーというツールで作成できます。

モバイル レポート パブリッシャーのPhone用レイアウト作成画面
Phone 用レイアウト

モバイル レポート パブリッシャーのTablet用レイアウト作成画面
Tablet 用レイアウト

■ SQL Server 2016 プレビュー セミナー
去る 3月2日、マイクロソフトさんの SQL Server 2016 のスペシャル パートナー様向けに「SQL Server 2016 新機能プレビュー セミナー」を実施させていただきました。

SQL Server 2016 プレビュー セミナー アジェンダ

SQL Server 2016 プレビュー セミナー

このセミナーでは、自習書だけではお伝えきれない私たちの生の声をお伝えさせていただくということで、SQL Server 2008 以来、毎回、自習書作成とともに恒例で行わせていただいています。
今回、私からは、まだ自習書を作成していない Reporting Services について、モバイル レポートを中心に 50分ぐらいの時間を使ってご紹介させていただきました。普段、私たちの直接のお客様に対して新機能をご紹介させていただくのとなるべく近い形でお話するように心がけたつもりですが、参加された皆様はいかがでしたでしょうか。

モバイル レポートをスマホで表示
SQL Server 2016 プレビュー セミナー

長押しで値の詳細を表示
SQL Server 2016 プレビュー セミナー

上部クリックでズーム
SQL Server 2016 プレビュー セミナー

セミナーを実施したときは、CTP 3.3 が公開されたばかりでしたが、先日 RC1 が公開されて、またまた新しい機能が追加されています。Datazen との統合分野はまだまだ進行中のようで、目の離せない分野となっています。

RC1 では、CTP 3.3 で実装された機能に加えて、ドリルスルー、レポート マネージャーの Custome Branding、レポート サーバーへの Power BI Desktop ファイルと Excel ファイルの配置などの機能が追加されています。

Custome Branding 機能で、レポートマネージャーのカラーをカスタマイズ
(RC1 の英語版で試せる → 今のところ RC1 の日本語版ではエラー)

SQL Server 2016 プレビュー セミナー

SQL Server 2016 Reporting Services(RC1 版)の自習書については、完成したところですので、公開される日も近いと思います。詳しい内容については、そちらを参考にしていただければと思います。公開された暁には、ぜひ、みなさんも試してみてください。

■ おわりに
最近、野鳥を観察するのが楽しみの一つになっています。花と野鳥というのは本当に絵になりますね。私はひどい近眼なのですが、野鳥を追うようになってから、少しよくなったような気がします。

桃の木で虫をついばむメジロ(役立ってますね)
ルリビタキ(女子)

写真を撮るのもすごく好きになりましたが、鳥にストレスがかからないように遠くからとれる素人でも使いやすい某カメラを使っています。そうすると、肉眼ではけして気づかないことにたくさん気づかされます。
見た目の美しさや表情に感嘆することはもちろんですが、地域の開発による環境破壊や自然へのマナーのない人間にもへこたれず(?)、子孫を育て、生命活動をし、天敵に対しても工夫をして生きてる。そして潔い。野鳥に学ぶことは多いですね。

小さな公園に住むカワセミ(女子)
SQL Server 2016 プレビュー セミナー


事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2016 の教科書
SQL Server 2016 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2016 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ダウンロードはこちら
セミナー風景
セミナー風景

ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要
SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要(Amazon Kindle 書籍)

弊社執筆の
SQL Server 2014 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
目次はこちら

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
ダウンロードはこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第57回:SQL Server 2017 RC 版とこれまでのドキュメントのまとめ
第56回:「SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践」完成&公開!
第55回:書籍「SQL Server 2016の教科書 開発編」(ソシム)が発刊されました
第54回:「SQL Server 2016 プレビュー版 Reporting Services の新機能」自習書のお知らせ
第 53 回:SQL Server 2016 Reporting Services の新しくなったレポート マネージャーとモバイル レポート機能
第 52 回:SQL Server 2016 の自習書を作成しました!
第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)