SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > SQL Server 2014 実践 No.2 SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践

SQL Server 2014 実践シリーズ (HTML 版)
「No.2 SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」

松本美穂と松本崇博が執筆した SQL Server 2014 実践シリーズの「No.2 SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2015年12月29日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

4.7 ログイン アカウントが Windows のローカル ユーザーの場合

旧マスターで、ログイン アカウントに、Windows のローカル ユーザー(マシン名\ユーザー名)を利用している場合は、そのログイン アカウントが正しく動作しません。理由は、ジョブの場合と同様で、ログイン アカウントは、Windows ローカル ユーザーの内部的な SIDSecurity ID)で管理されているためです。

00310

ただし、動作しないのは、あくまでも Windows のローカル ユーザーに対応したログイン アカウントだけであって、Active Directory ドメインのユーザーに対応したログイン アカウントや SQL Server 認証用のログイン アカウント(sa など)に関しては、問題なく動作します。Active Directory ドメインのユーザーであれば、マシン(OS)が変わっても、同じ SID(ドメインのユーザーに割り当てられた SID)を利用できるからです。また、SQL Server 認証用のログイン アカウントに関しては、master データベース内に、そのアカウントの SID を格納しているので、master を復元することで、こちらも問題なく利用できます。

Windows のローカル ユーザーに対応したログイン アカウントが利用できない場合は、そのログイン アカウントに紐付いたデータベース ユーザーも利用できなくなりデータベース ユーザーに紐付いたオブジェクト権限(テーブルやビューに対する SELECT 権限や INSERT 権限、ストアド プロシージャに対する EXECUTE 権限など)も無力になってしまいます。これを修復する方法は用意されていないので、これを解決するには、ログイン アカウントとデータベース ユーザー、オブジェクト権限をすべて再作成/再設定しなければなりません(後述のスクリプト生成ウィザードを利用すれば、簡単に再作成/再設定できます)。

繰り返しになりますが、これは Active Directory ドメインのユーザーを利用している場合には、問題にはならず、あくまでも Windows のローカル ユーザーを利用している場合のみの話しになります(Active Directory ドメインのユーザーであれば再作成は必要ありません)。

◆ Windows のローカル ユーザーに関する設定を再作成/再設定する便利な方法

Windows のローカル ユーザーに関する設定(ログイン アカウントやデータベース ユーザー、オブジェクト権限)を再作成/再設定するには、事前に旧マスター側で、スクリプト生成ウィザードを利用して、スクリプト化をしておくと便利です。これを利用するに次のようにデータベースを右クリックして、[タスク]メニューの[スクリプトの生成]をクリックします(以降の画面は、SQL Server 2005 の場合ですが、他のバージョンでも基本となる部分は同じように操作できます)。

00311

スクリプト生成ウィザードでは、次のように[スクリプト オプションの選択]ページで、[オブジェクト レベル権限のスクリプトを作成]と[スクリプト ログイン]を「True」へ変更することで、データベース ユーザーとオブジェクト権限、データベース ユーザーに対応したログイン アカウントをスクリプト化することができます(SQL Server 2005/2008 の場合)。

00312

SQL Server 2008 R2/2012 の場合は、次のように操作します。

00313

次の[オブジェクトの種類を選択]ページでは、データベース ユーザーをスクリプト化するために[ユーザー]をチェックし、テーブルに対するオブジェクト権限をスクリプト化する場合には[テーブル]をチェックします。ビューやストアド プロシージャに対するオブジェクト権限をスクリプト化するには、それらもチェックしておきます。

00314

テーブルの選択]ページでは、オブジェクト権限をスクリプト化したいテーブルをチェックします(画面は Products テーブルをチェック。[すべて選択]ボタンをクリックした場合は、すべてのテーブルを選択することができます)。これらの画面は、SQL Server 2005/2008 の場合ですが、SQL Server 2008 R2/2012 の場合は、ウィザードの最初のページで、ユーザーやテーブルを選択することができます。

SQL Server 2005/2008 の場合は、次の[ユーザーの選択]ページで、スクリプト化したいデータベース ユーザーを選択します。

00315

出力オプション]ページで、[スクリプトを新しいクエリ ウィンドウに保存]を選択すれば、クエリ エディターにスクリプトを生成することができます。あとは、次のように[完了]ボタンをクリックすれば、スクリプト生成が開始されます。

00316

00317

テーブルを作成するスクリプト(CREATE TABLE)などが余分に出力されてしまいますが、ログイン アカウントを作成するスクリプト(CREATE LOGIN)や、データベース ユーザーを作成するスクリプト(CREATE USER)、オブジェクト権限を設定するスクリプト(GRANTDENY など)が生成されていることを確認できると思います。

あとは、このスクリプトを CREATE TABLE の部分を削除して、新マスターで実行するようにしますが、新マスター側では、オフライン バックアップによって復元されてしまった、利用不能な Windows のローカル ユーザーに対応したログイン アカウントおよびデータベース ユーザーを次のように削除しておきます。

00318

◆ データベース ロールのスクリプト化

データベース ロールを利用して、データベース ユーザーをグループ化している場合には、データベース ロールの設定もスクリプト化しておく必要があります。

00319

前述のスクリプト生成ウィザードでは、データベース ロールの設定をスクリプト化することができないので、データベース ロールのメンバー情報を参照できる database_role_members システム ビューとデータベース ユーザーの情報を参照できる database_principals システム ビューを、次のように利用します。

SELECT 'EXEC sp_addrolemember ''' + p1.name '''''' + p2.name ''''
 FROM sys.database_role_members rm
  INNER JOIN sys.database_principals p1 ON rm.role_principal_id p1.principal_id 
  INNER JOIN sys.database_principals p2 ON rm.member_principal_id p2.principal_id
00320

これで、データベース ロールへメンバーを追加することできる sp_addrolemember を生成することができるので、これを新規マスター側で実行すれば、同じ設定にすることができます。

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)