SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > Power BI 自習書 No.1 無料で利用できる Power BI を試しみよう

Microsoft Power BI 自習書シリーズ (HTML 版)
「No.1 無料で利用できる Power BI を試しみよう」

松本美穂と松本崇博が執筆した Power BI 自習書シリーズの「No.1 無料で利用できる Power BI を試しみよう」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2015年12月29日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

3.5 データソースの追加(都道府県別の面積の取得)

ここまでは、都道府県別の人口データをグラフにしてきましたが、次に、都道府県別の面積データを取得して、人口と面積の関係性人口密度など)をグラフ化(レポート化)してみましょう。

都道府県別の面積データは、次のように Wikipedia(ウィキペディア)にある「都道府県の面積一覧」から取得します。

都道府県の面積一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/都道府県の面積一覧

00133

この Web ページにある面積の一覧表は、一見すると1つのテーブルのように見えますが、実際には、3つのテーブルTable タグに分かれているのがポイントです。

Power BI Desktop からデータを取得する際も 3つの別々のテーブルとして認識されるので、これを UNION(統合/連結)する加工処理を行っていきます。

◆ データソースの追加(都道府県別の面積)

1.Power BI Desktop で作成している既存のレポートに、データソースを追加するには、次のように[データを取得]メニューの[Web]をクリックします。

00134

Web から]ダイアログでは、以下の URL を入力して、[OK]ボタンをクリックします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/都道府県の面積一覧

2.Web ページへの接続が成功すると、次のように[ナビゲーター]ダイアログが表示されます。

00135

このダイアログでは、[2014年 面積の順位[編集]]を選択すると、「日本全土」と「北海道」から「宮城県」までの面積データであることを確認できるので、これをチェックします。

3.次に、もう1つの[2014年 面積の順位[編集]]を選択すると、今度は「岡山県」から「富山県」までの面積データになっているので、これもチェックします。

00136

今回の Web ページでは、都道府県の面積データが 3つのテーブルTable タグ)に分かれているので、Power BI からは 3つの別々のテーブルとして認識されています。

4.続いて、もう1つの[2014年 面積の順位[編集]]を選択すると、今度は「福井県」から「香川県」までの面積データになっているので、これもチェックします。

00137

3つのテーブルをチェックしたら、[編集]ボタンをクリックします。これで、クエリを編集するためのクエリ エディターを開くことをできます。

5.クエリ エディターが開いたら、次のように 3つのテーブルがクエリとして追加されていることを確認できます。3つのテーブルの名前が全て同じだったので、2つ目以降のクエリには [2]、[3] という接尾値が付与されています。

00138

6.次に、1つ目のクエリ(2014年 面積の順位[編集])から、先頭の行にある「日本全土」のデータを削除します。削除する方法は、前の手順で試した[上位の行の削除]で行うことができますが、ここではあえて違う方法(フィルター機能)を試します。

次のように[都道府県]列の隣の[]をクリックすると、列にある値(都道府県)の一覧が表示されるので、ここで「日本全土」のチェックを外して、[OK]ボタンをクリックします。

00139

これで、日本全土のデータを削除することができます。

7.次に、面積データを格納している[面積]列の[データ型]が「10進数」であることを確認して、10進数になっていない場合は、10進数に変更します。

00140

8.同様に、2つ目と 3つ目のクエリ(2014年 面積の順位[編集] [2]、2014年 面積の順位[編集] [3])についても、[面積]列のデータ型が「10進数」であることを確認します(そうでない場合は、変更します)。

00141

00142

9.次に、1つ目のクエリの名前を「都道府県別の面積」に変更します。次のように[クエリの設定]ペインの[プロパティ]セクションで、[名前]に「都道府県別の面積」と入力します。

00143

◆ クエリの追加(UNION で複数のクエリを統合/連結)

1.次に、[クエリの追加](UNION)機能を利用して、3つのクエリを連結します。次のように[都道府県別の面積]クエリを選択して、[ホーム]タブの[クエリの追加]をクリックします。

00144

追加]ダイアログが表示されたら、[追加するテーブルを選択します]で、2つ目のクエリである「2014年 面積の順位[編集] [2]」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

00145

これで、2つ目のクエリ(岡山県から富山県までのデータ)を、1つ目のクエリ(都道府県別の面積)に統合UNION)することができました。

2.続いて、3つ目のクエリ「2014年 面積の順位[編集] [3]」についても同様に操作します。

00146

00147

これで、3つ目のクエリ(福井県から香川県までのデータ)を、1つ目のクエリ(都道府県別の面積)に、統合UNION)することができました。

◆ 不要になったクエリの読み込みの無効化

1.クエリを統合した後は、2つ目のクエリと3つ目のクエリが不要になるので、不要になったクエリは、次のように読み込みを無効化しておくと、レポートを作成しやすくなります。

2つ目のクエリ「2014年 面積の順位[編集] [2]」の読み込みを無効化 00148

3つ目のクエリ「2014年 面積の順位[編集] [3]」の読み込みを無効化

00149

2.設定が完了したら、[ホーム]タブで[閉じて適用]をクリックして、クエリ エディターを閉じます。

00150

3.レポート デザイナーが表示されたら、[フィールド]ペインに「都道府県別の面積」クエリが追加されていることを確認できます(読み込みを無効化した2つ目のクエリと3つ目のクエリは、[フィールド]ペインには表示されていないことも確認できます)。

00151

◆ レポートの作成(都道府県別の面積)

1.次に、「都道府県別の面積」クエリを利用して、レポートを作成していきます。まずは、レポートの下部にある[+]ボタンをクリックして、新しいレポート ページを作成します。

00152

2.新しいレポート ページが表示されたら、[フィールド]ペインで「都道府県別の面積」クエリを展開して、[都道府県]と[面積]をチェックします。

00153

これで、都道府県ごとの面積を表形式で確認することができます。

3.次に、[視覚化]ペインで[Treemap]をクリックして、Treempap グラフに変更します。

00154

面積が一番大きい「北海道」が左上に表示されて、「岩手県 → 福島県 → 長野県 → ・・・」と続いていることを確認できます。

4.次に、[視覚化]ペインで[縦棒グラフ]をクリックして、縦棒グラフに変更します。

00155

縦棒グラフの場合は、既定で軸(都道府県)の値で並べられます。都道府県データは漢字なので、漢字コード順に並んでいて、愛知県が先頭にきています。別の列で並べ替える方法もあるので、これについては後述の手順で試します。

5.次に、縦棒グラフを面積の大きさで並べ替えてみます。並べ替えを変更するには、次のようにグラフの右上の[・・・]をクリックして、[並べ替え]で[面積]を選択します。

00156

6.次に、「面積」と「人口」を同じグラフ内に表示するために、[フィールド]ペインで「都道府県別の人口」クエリを展開して、[2010年]をチェックします。

00157

これで、同じグラフ内に、2010年の人口が追加されますが、人口は何百万人という単位面積は数千km² という単位で、このままだと違いが分かりづらいので、次は複合グラフに変更していきます。

◆ 複合グラフ(折れ線グラフと縦棒グラフの組み合わせ。2Y軸)

1.次に、[視覚化]ペインで[折れ線グラフおよび積み上げ縦棒グラフ]を選択して、グラフの種類を複合グラフに変更します。

00158

2.次に、[2010年]を[線の値]にドラッグ&ドロップで移動します。

00159

これで、2010年の人口データ折れ線グラフに変わって、軸も右側に表示されて(2Y軸グラフになって)、人口と面積の比較が分かりやすくなります。正確には、面積データは 2014年、人口データは 2010年のものになるので、正確な比較にはならないのですが、複数のデータソースを簡単に連動させられる(マッシュアップする)例として試してみてください。

このように、Power BI Desktop では、別々のデータソースから取得(人口と面積は別々の Webページから取得)したものでも、(都道府県という列名が同じなので)自動的にリレーションシップが貼られて(後ほど確認します)、このように同じグラフ内で比較することができます。今回は、Web 上のデータソースを 2つ利用しましたが、さまざまなデータソース(SQL Server などをはじめとするリレーショナル データベースや、Google Analytics、Twillio、Facebook、Twitter などのインターネット上のサービス、Excel や CSV ファイルなど)から、データソースの種類を問わず、簡単に、連動したグラフを作成できるマッシュアップできる)のが、Power BI の非常に大きな利点の1つです。

◆ スライサーによるデータの絞り込み

1.次に、スライサー機能を利用して、データの絞り込みを試してみます。まずは、レポート上の何もない領域をクリックして、[都道府県別の面積]クエリの[都道府県]をチェックします。

00160

2.次に、[視覚化]ペインでグラフの種類を[スライサー]に変更します。

00161

これで、データの絞り込みが行えるスライサーに変わります。

3.次に、スライサー上の[茨城県]をチェックしてみます。

00162

グラフが茨城県のデータのみに絞り込まれたことを確認できます。

4.次に、[岩手県]と[岐阜県]、[宮崎県]もチェックします。

00163

チェックしたデータのみに絞り込まれたことを確認できます。

5.次に、データの絞り込みを解除するために、スライサーの右上の[選択解除](消しゴムのマークのアイコン)をクリックします。

00164

このようにスライサー機能を利用すると、データの絞り込みを簡単に行えるようになるので、大変便利です。

◆ リレーションシップの確認

1.今回、人口と面積のデータを取得しましたが、内部的には都道府県の名前自動的にリレーションシップが貼られていることによって、データが連動するようになってします。このことを確認するために、次のように画面左側の[リレーションシップ]をクリックしてみます。

00165

リレーションシップ デザイナーが表示されて、クエリ間のリレーションシップをグラフィカルに確認することができます。リレーションシップ(線)をクリックすると、それぞれのクエリの「都道府県」列がハイライトされて(四角い枠で囲まれて)、「都道府県」列でリレーションシップが貼られていることを確認できます。

なお、手動でリレーションシップを作成したり、より具体的にリレーションシップを管理したい場合には、次のようにリボンの[リレーションシップの管理]ボタンをクリックします。

00166

既存のリレーションシップの内容を確認したい場合には[編集]ボタン、新しくリレーションシップを作成した場合には[新規]ボタンをクリックすることで行うことができます。


目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)