SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > SQL Server 2014 自習書 No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門

SQL Server 2014 自習書シリーズ (HTML 版)
「No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門」

松本美穂と松本崇博が執筆した SQL Server 2014 自習書シリーズの「No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2015年12月29日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

4.6 スクリプト生成ウィザードによるデータベースの移行

(2015年1月時点での情報)

次に、Management Studio の「スクリプト生成ウィザード」を利用したデータベースの移行方法を説明します。この方法は、データ量が少ない場合(数千件レベルの場合)にお勧めです。スクリプト生成ウィザードを利用すると、すべてのオブジェクト(テーブル作成の CREATE TABLE だけでなく、ビュー作成の CREATE VIEW、権限設定の GRANT、データを追加するための INSERT ステートメントなど)をスクリプト化することができます。スクリプト生成ウィザードは、SQL Server 2008 R2 以降の Management Studio であれば、Azure SQL Database に対応したスクリプトを生成することができます。

◆ Let's Try

それでは、スクリプト生成ウィザードを利用して、データベースを移行してみましょう。

1.スクリプト生成ウィザードは、次のように Management Studio のオブジェクト エクスプローラーで、移行元の SQL Server に接続して、移行元となるデータベース(NorthwindJ)を右クリックし、[タスク]メニューの「スクリプトの生成」をクリックすることで起動することができます。

00365

2.ウィザードが開始されたら、[次へ]ボタンをクリックして、次のページへ進みます。

00366

3.次の[オブジェクトの選択]ページでは、「データベース全体とすべてのデータベース オブジェクトのスクリプトを作成」を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

00367

4.次の[スクリプト作成オプションの設定]ページでは、「詳細設定」ボタンをクリックします。

00368

5.これにより、次のように[スクリプト作成の詳細オプション]ダイアログが表示されます。

00369

このダイアログでは、[データベース エンジンの種類に対応したスクリプト]で「Azure SQL Database」を選択することで、Azure SQL Database 上で実行可能なスクリプトを生成できるようになります。また、[スクリプトを作成するデータの種類]では「スキーマとデータ」を選択することで、データを追加するための INSERT ステートメントを生成できるようになります。

その他、[スクリプトの照合順序]で「True」、[オブジェクト レベル権限のスクリプトを作成]で「True」、[トリガーのスクリプトを作成]で「True」を選択しておくようにします。[スクリプトの照合順序]を「True」へ変更することで照合順序(COLLATE 句)のスクリプト化、[オブジェクト レベル権限のスクリプトを作成]を「True」へ変更することでオブジェクト権限(GRANTREVOKEDENY)とデータベース ユーザー(CREATE USER)のスクリプト化、[トリガーのスクリプトを作成]を「True」へ変更することでトリガーをスクリプト化(CREATE TRIGGER)することができるようになります。

設定後、[OK]ボタンをクリックします。

Note: SQL Server 2008 はスクリプト生成ウィザードに未対応
SQL Server 2008 を利用している場合は、スクリプト生成ウィザードが Azure SQL Database に対応していないので、SQL Server 2008 以前のバージョンを利用している場合には、CodePlex サイトで提供されている「SQL Database Migration Wizard」(http://sqlazuremw.codeplex.com/)ツールなどを利用することで、スクリプト生成を行うことができます。

6.スクリプト作成オプションの設定]ページへ戻ったら、「新しいクエリ ウィンドウに保存」を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

00370

これで生成されたスクリプトを新しいクエリ エディター上へ表示することができます。

7.次の[概要]ページでは、設定内容を確認して[次へ]ボタンをクリックします。

00371

これでスクリプトの生成が実行されます。

8.スクリプトの生成中は、次のページが表示されます。

00372

次のように、すべての[結果]が「成功」と表示されれば、スクリプト生成が成功です。

00373

データベース内の各オブジェクト(テーブルやビュー、ストアド プロシージャ、トリガー)ごとに結果が表示され、すべての[結果]が「成功」と表示されれば、スクリプト生成が成功です。最後に[完了]ボタンをクリックして、ウィザードを終了します。

9.終了後、クエリ エディター上にスクリプトが生成されていることを確認できます。

00374

このようにスクリプト生成ウィザードを利用すれば、テーブルを作成するための CREATE TABLE ステートメントだけでなく、INSERT ステートメントやビュー(CREATE VIEW)、ストアド プロシージャ(CREATE PROCEDER)、トリガー(CREATE TRIGGER)、データベース ユーザー(CREATE USER)などもスクリプト化してくれるので大変便利です。

また、次のようにオブジェクト権限(GRANTREVOKEDENY)の設定もスクリプト生成してくれています。

00375

生成されたスクリプトは、このまま残しておいてください(クエリ エディター ウィンドウを閉じないでください)。

Note: Contained Database(包含データベース)には未対応
スクリプト生成ウィザードは、Contained Database(包含データベース)には対応していません。Contained Database を設定して、包含データベース ユーザーを作成している場合は、次のようにスクリプトの生成のフェーズでエラーとなってしまいます。
00376
Contained Database を利用している場合は、DAC Fx(.bacpac)で移行することをお勧めします。

◆ Azure SQL Database 側でログイン アカウントの作成

次に、移行先となる Azure SQL Database の SQL サーバー側にログイン アカウントを作成します。スクリプト生成ウィザードでは、ログイン アカウントの生成は行われないので、手動で移行先に作成しておく必要があります。

1.ログイン アカウントを作成するには、Management Studio(または SSDT)を新しく起動して、Azure SQL Database の SQL サーバーに接続します。

00377

2.次に、オブジェクト エクスプローラーで master データベースを右クリックして、[新しいクエリ]をクリックし、master データベースに接続します(クエリ エディターを表示します)。

00378

3.クエリ エディターが表示されたら、次のように CREATE LOGIN ステートメントを実行して、ログイン アカウントを作成します。

CREATE LOGIN sqllogin1 WITH PASSWORD 'P@ssword'
CREATE LOGIN sqllogin2 WITH PASSWORD 'P@ssword'

00379

◆ Azure SQL Database に接続してスクリプトの実行

1.次に、スクリプト生成ウィザードによって生成されたスクリプトを Azure SQL Database に対して実行しますが、スクリプトが記述されたクエリ エディターへ戻って、次のように[クエリ]メニューの[接続]から「接続の変更」をクリックします(これで接続先を変更することができます)。

00380

2.データベース エンジンへの接続]ダイアログが表示されたら、[サーバー名]に移行先となる Azure SQL Database のSQL サーバー名、[認証]で「SQL Server 認証」を選択、[ログイン]と[パスワード]にに管理者アカウントの名前とパスワードを入力して、[オプション]ボタンをクリックします。

00381

接続オプション]タブでは、[データベースへの接続]に、移行先となるデータベース名を指定します(画面は AzureDB を利用)。

3.接続後、次のようにツールバーの「!実行」ボタンをクリックして、スクリプトをすべて実行します。

00382

実行後、次のように[クエリは正常に実行されました]と表示されれば、データベースの移行が完了です(なお、データベースのエディションが Basic の場合には、このスクリプトの実行に 10分ぐらいの時間がかかるので、少し待っていてください。上位エディションを利用している場合には、実行時間を短縮することができます)。

00383

Note: Version 11 ではスクリプトの実行時にクラスター化インデックスがないとエラーになる
Azure SQL Database の Version 11 のときは、クラスター化インデックスがないテーブルがあった場合に、スクリプト生成したものを実行しようすると、次のようにエラーになりました。
00384
NorthwindJ データベースでは、「都道府県」テーブルにクラスター化インデックスを作成していないのですが、このテーブルに対するデータの INSERT ステートメントで、エラーになっています。
スクリプト生成ウィザードは、あくまでも既存のオブジェクトをもとにスクリプトを生成しているだけなので、既存のテーブルにクラスター化インデックスが作成されていない場合は、Azure SQL Database 上でもそのように作成しようとします(全く同じようにオブジェクトを作成しようとします)。最新版の Version 12 では、クラスター化インデックスがなくてもエラーにはならないのですが、Version 11 を利用している場合は、クラスター化インデックスを別途作成しなければなりません。
なお、前述の Note で紹介した CodePlex サイトで提供されている SQL Database Migration WizardSQLAzureMW)ツールを利用した場合は、クラスター化インデックスが作成されていないテーブルに対しては、自動的にクラスター化インデックスを付与するスクリプトを生成する機能が提供されています。しかし、V12 対応の執筆時点での最新版である「SQLAzureMW v5.15」でも、この動作は変わっておらず、意図的にクラスター化インデックスを外しているテーブルがあったとすると、それに対してもクラスター化インデックスを付与してしまう、という動作になってしまいるので、利用には注意してください。
■ クラスター化インデックスが作成されていないテーブルをリストアップする
もし、SQL Server 上で、クラスター化インデックスが作成されていないテーブルをリストアップしたい場合には、次のようにクエリを実行することで確認することができます。
USE NorthwindJ
SELECT DISTINCT OBJECT_NAME(object_id)
FROM sys.indexes
WHERE index_id AND OBJECTPROPERTY(object_id'IsUserTable'1
00385
indexes システム ビューは、データベース内のすべてのインデックス情報を参照できるビューです。WHERE 句の「index_id 0」によってヒープ(クラスター化インデックスが作成されていないテーブルのデータ格納状態)を取得することができます(クラスター化インデックスが作成されている場合は、index_id = 1 と設定されます)。
object_id には、テーブルのオブジェクトID が格納されているので、OBJECT_NAME 関数でテーブル名を取得、OBJECTPROPERTY 関数で IsUserTable(ユーザー テーブル)かどうかをチェックしています(1 ならユーザー テーブル、0 ならシステム テーブル)。

◆ 移行されたデータの確認

スクリプトの実行が完了した後は、データベースが正しく移行されているかどうかを確認しておきましょう。

1.まずは、次のように記述して、「商品」テーブルのデータが移行できていることを確認してみます。

SELECT FROM 商品

00386

2.次に、オブジェクト エクスプローラーを展開して、トリガーやビュー、ストアド プロシージャなどが移行できていることも確認します。

00387

3.次に、データベース ユーザーへ設定したオブジェクト権限が移行できていることを確認するために、次のように database_permissions ビューを参照します。

SELECT
  OBJECT_NAME(major_idAS オブジェクト名
 ,USER_NAME(grantee_principal_idAS ユーザー名
 ,permission_namestate_desc
FROM sys.database_permissions
WHERE USER_NAME(grantee_principal_id'sqllogin1'

00388

sqllogin1 データベース ユーザーに対して設定された権限(n_view1 に対する SELECT 権限n_proc1 に対する EXEC 権限)も正しく移行できていることを確認できます。

このように、スクリプト生成ウィザードを利用すれば、既存の SQL Server 環境のデータベースを簡単に Azure SQL Database 上に移行することができます。テーブルやデータだけでなく、制約やビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、データベース ユーザー、オブジェクト権限、インデックスなどもそのまま移行することができます。

スクリプト生成ウィザードは、データ量が少ない場合(数千件レベルの場合)にお勧めの移行方法です。データ量が多い場合(データベース サイズが数GBレベルになる場合)には DAC Fx(.bacpac)、データ量がそれほど多くない場合数万件レベルの場合)で、かつ特定のテーブル データのみを移行したい場合には、SSIS ウィザードがお勧めの移行方法になります。

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)