SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > SQL Server 2014 自習書 No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門

SQL Server 2014 自習書シリーズ (HTML 版)
「No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門」

松本美穂と松本崇博が執筆した SQL Server 2014 自習書シリーズの「No.5 Microsoft Azure SQL Database 入門」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2015年12月29日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

3.6 DMV(動的管理ビュー)を利用した性能監視

(2015年1月時点での情報)

Azure SQL Database では、SQL Server での性能監視でお馴染みの「DMV」(動的管理ビュー:Dynamic Management View)も、主要なものがサポートされています。DMV は、最近のバージョンアップで、随時強化されているところになっていて、クエリ チューニングでよく利用する「dm_exec_query_stats」(クエリ統計)や、インデックスの使用状況をチェックすることができる「dm_db_index_usage_stats」、Missing インデックス(不足しているインデックス)をチェックすることができる「dm_db_missing_index_~」などを利用できます。これらは、次のように利用できます。

CPU 利用の多いクエリの参照

CPU 利用の多いクエリは、dm_exec_query_stats ビューを利用して確認することができます。

-- CPU 利用多いクエリ TOP 10
SELECT TOP 10
    total_worker_time  execution_count 1000.0 AS [平均 CPU 時間(ミリ秒)]
  total_elapsed_time execution_count 1000.0 AS [平均実行時間(ミリ秒)]
  SUBSTRING(text(statement_start_offset 2+ 1
        ((CASE statement_end_offset
          WHEN -1 THEN DATALENGTH(text)
          ELSE statement_end_offset
          END - statement_start_offset/ 2+ 1AS sql
FROM
 sys.dm_exec_query_stats 
  CROSS APPLY
   sys.dm_exec_sql_text(sql_handle)
ORDER BY DESC
00256

インデックス サイズの確認

インデックスのサイズは、dm_db_partition_stats ビューを利用して確認することができます。

SELECT OBJECT_NAME(ps.object_idAS objName
      ,ps.index_idMAX(i.nameAS idxName
      ,SUM(ps.used_page_count* 8 1024.0 AS sizeMB
      ,SUM(ps.row_countAS rowCnt
FROM
 sys.dm_db_partition_stats ps
     LEFT OUTER JOIN sys.indexes i
        ON ps.object_id = i.object_id
       AND ps.index_id i.index_id
WHERE OBJECTPROPERTYEX(ps.object_id'IsUserTable'1
GROUP BY ps.object_id, ps.index_id
00257

インデックスの断片化状況

インデックスの断片化状況は、dm_db_index_physical_stats を利用して確認することができます。

-- t1 テーブル断片化状況確認
SELECT OBJECT_NAME(object_id), index_idavg_fragmentation_in_percent
      ,index_levelpage_countrecord_count
FROM
 sys.dm_db_index_physical_stats(DB_ID(), OBJECT_ID('t1'), NULLNULL'DETAILED')
ORDER BY index_idindex_level DESC
00258

未使用インデックス

一度も利用されたことがないインデックスは、dm_db_index_usage_statsを利用して確認することができます。

SELECT o.name AS table_namei.name AS index_name*
 FROM sys.objects o
      INNER JOIN sys.indexes ON o.object_id = i.object_id
 WHERE o.type 'U'
   AND i.index_id
       NOT IN
         SELECT s.index_id 
            FROM sys.dm_db_index_usage_stats 
             WHERE s.object_id = i.object_id
               AND i.index_id s.index_id
               AND database_id DB_ID() )
00259

Missing インデックス(不足しているインデックス)

Missing インデックス(不足しているインデックス)は、dm_db_missing_index_~ を利用して確認することができます。

SELECT group_handlei.*, gs.*
FROM sys.dm_db_missing_index_group_stats gs
      INNER JOIN sys.dm_db_missing_index_groups g
              ON gs.group_handle g.index_group_handle
      INNER JOIN sys.dm_db_missing_index_details i
              ON i.index_handle g.index_handle
00260

Missing インデックスは、SQL Server と同様、実行プランを利用しても、次のように確認することができます。

00261

プロシージャ キャッシュの参照

プロシージャ キャッシュは、dm_exec_cached_plans を利用して確認することができます。

SELECT query_plansize_in_bytes 8192 AS [使用ページ数], *
FROM
  sys.dm_exec_cached_plans 
    CROSS APPLY
      sys.dm_exec_query_plan (plan_handle)
00262

ロック/ブロッキングに関する情報の参照

ロックに関する情報は、dm_tran_locks を利用して確認することができます。

SELECT FROM sys.dm_tran_locks
00263

ロックに関しては、sp_lock はサポートされていませんが、sp_who2 がサポートされているので、次のようにブロッキング情報(どのプロセスによってブロックされているのか)を確認することもできます。

00264

なお、現在の ”待機” の情報(ロック待ちだけでなく、さまざまな内部的な待機に関する情報)を確認することができる dm_os_waiting_tasks に関しては、執筆時点では、Standard エディションの S2 レベル以上であれば、利用できることを確認できました(2015年1月時点での情報)。

SELECT FROM sys.dm_os_waiting_tasks
00265

また、”待機” に関する統計情報Wait Stats)についても、S2 レベル以上であれば、次のように利用できることを確認できました。

Wait Stats(待機の統計情報)の参照

-- Wait Stats待機関する情報取得
SELECT FROM sys.dm_os_wait_stats
 ORDER BY wait_time_ms DESC
00266

その他、S2 レベル以上であれば、次のようにパフォーマンス カウンターの情報(dm_os_ performance_counters)や、メモリ使用状況の情報(dm_os_buffer_descriptors)についても、利用できることを確認できました。

パフォーマンス カウンター情報の参照

-- パフォーマンス カウンター情報取得
SELECT FROM sys.dm_os_performance_counters
00267

メモリ使用量の内訳(オブジェクトごとのメモリ使用量)

-- オブジェクトごとのメモリ使用量内訳
SELECT 
  DB_NAME (b.database_id), OBJECT_NAME(p.object_id), p.index_id
 ,COUNT(*) As 使用ページ数
FROM
 sys.allocation_units a
  INNER JOIN  sys.partitions ON a.container_id p.hobt_id
  INNER JOIN  sys.dm_os_buffer_descriptors b
      ON a.allocation_unit_id b.allocation_unit_id
WHERE b.database_id DB_ID()
GROUP BY b.database_idp.object_id, p.index_id
ORDER BY 使用ページ数 DESC
00268

このように、Azure SQL Database では、データベースを監視するための主要な DMV(動的管理ビュー)がサポートされているので、SQL Server を監視するのと同じように監視することができます(クエリ チューニングやインデックス チューニング、トラブル シューティングを行っていくことができます)。

なお、DMV やインデックス チューニング、ロック(ブロッキング)などについては、SQL Server 2012 の自習書シリーズの「監視ツールの基本操作」や、「インデックスの基礎とメンテナンス」、「ロックと読み取り一貫性」編で詳しく説明しているので、こちらもぜひご覧いただければと思います。

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第 51 回:PASS Summit と MVP Summit で進化を確信!
第 50 回:新しくなった Power BI(2.0)の自習書を作成しました!
第49 回:Excel 2016 の Power Query を使う
第 48 回:新しくなった Microsoft Power BI ! 無料版がある!!
第 47 回:「Microsoft Azure SQL Database 入門」 完成&公開!
第 46 回:Microsoft Power BI for Windows app からの Power BI サイト アクセス
第 45 回:Power Query で取得したデータを PowerPivot へ読み込む方法と PowerPivot for Excel 自習書のご紹介
第44回:「SQL Server 2014 への移行とアップグレードの実践」ドキュメントを作成しました
第43回:SQL Server 2014 インメモリ OLTP 機能の上級者向けドキュメントを作成しました
第42回:Power Query プレビュー版 と Power BI for Office 365 へのクエリ保存(共有クエリ)
第41回:「SQL Server 2014 CTP2 インメモリ OLTP 機能の概要」自習書のお知らせです
第40回: SQL Server 2012 自習書(HTML版)を掲載しました
第39回: Power BI for Office 365 プレビュー版は試されましたか?
第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回: iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回: PASS Summit 2012 参加レポート
第31回: SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回: SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回: 書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回: SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回: SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回: SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回: Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本美穂松本崇博

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)