SQL Server のことなら SQL Quality SQL Server パフォーマンス チューニング、コンサルティング、アドバイス、相談、定期診断、トレーニング

ホーム > 技術情報 > SQL Server 2012 自習書 DWH 関連の新機能

SQL Server 2012 自習書シリーズ (HTML 版)
新機能編 No.3「DWH(データ ウェアハウス)関連の新機能」

松本美穂と松本崇博が執筆した SQL Server 2012 自習書シリーズの「新機能編 No.3 DWH 関連の新機能」の HTML 版です。 日本マイクロソフトさんの Web サイトで Word または PDF 形式でダウンロードできますが、今回、HTML 版として公開する許可をいただきましたので、ここに掲載いたします。[2014年12月26日]

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

5.1 SQL Server 2012 で提供される BI 新機能の概要

◆ SQL Server 2012 で提供される主な BI 新機能の概要

SQL Server 2012 には、非常に多くの BI(Business Intelligence)関連の新機能が提供されています。ここでは次の 4つに分けて概要を説明します。

  • Power View による容易なデータ分析レポートの作成
  • PowerPivot for Excel の進化(バージョン アップ)
  • Analysis Services でのテーブル モデル(Tabular Model)のサポート(xVelocity)
  • Reporting Services のデータ警告機能によるメール送信

◆ Power View による容易なデータ分析レポートの作成

SQL Server 2012 では、Power View と呼ばれる、新しいデータ分析/レポーティング ツールが提供されています。Power View を利用すると、従来のレポーティング ツールであるレポートビルダーや、高度なデータ分析が可能な PowerPivot for Excel ツールよりも、容易に見栄えの良いデータ分析レポートを作成することが可能です。

以下の画面は、Power View を利用してデータ分析レポートを作成しているときの様子です。

00179

このように、より使いやすいレポーティング ツールが登場したことで、エンドユーザーが自らレポートを作成する「セルフ サービス データ分析」がより実現しやすくなりました。

◆ PowerPivot for Excel の進化(バージョン アップ)

PowerPivot for Excel は、SQL Server 2008 R2 から提供されたデータ分析ツールですが、SQL Server 2012 の PowerPivot for Excel はバージョン アップして、多くの新機能が提供されました。その主なものは、以下のとおりです。

  • KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)への対応
  • 書式Format)設定の永続化により、書式がピボットテーブルへ反映可能に
  • 並べ替え列のサポートにより、別の列で並べ替えが可能に
  • ダイアグラム ビューによるグラフィカルなリレーションシップ管理のサポート
  • 階層のサポートにより、階層関係のあるフィールド(たとえば、大分類→中分類→小分類→商品のような関係)をワンクリックで配置可能に
  • フィールド一覧に表示されるフィールドの表示順序の変更が可能に
  • パースペクティブのサポートにより、不要な列/メジャーを簡単に非表示に可能
  • ドリルスルーのサポート
  • BLOB データ(varbinary(max))のサポート
  • DAX(Data Analysis Expressions)関数の大幅強化。PATH PATHITEM 関数によって親子階層への対応も可能

以下の画面は、ダイアグラム ビューでリレーションシップを設定しているときの様子です。

00180

以下の画面は、KPI をグラフィカルに設定しているときの様子です。

00181

このように PowerPivot for Excel はバージョン アップして、さらに本格的なデータ分析レポートが簡単に作成できるようになりました。

また、後述の Analysis Services テーブル モデル(Tabular Model)を利用した場合には、以下の機能も利用できるようになるので、ビッグデータ対応性能向上セキュリティの強化を実現することも可能になりました。

  • 大量データへの対応(ビッグデータ対応)
  • パーティショニング
  • ロールを利用した行レベル セキュリティ

◆ Analysis Services でのテーブル モデルのサポート(xVelocity インメモリ BI)

SQL Server 2008 R2 では、PowerPivot で採用されたインメモリのカラムベース エンジン「VertiPaq」で動作する Analysis Services は「PowerPivot for SharePoint」としてインストールした場合にのみ利用することができましたが、SQL Server 2012 からは、VertiPaq エンジンが進化して、「xVelocity」という名称へ変更され、単体でも動作させることができるようになりました。SQL Server 2012 では、インストール時に以下の画面のように「表形式モード」(Tabular Mode)を選択することで、単体の Analysis Services エンジンとして xVelocity モードで動作させることが可能です。

00182

また、SQL Server Data Tools(以前のバージョンの Business Intelligence Development Studio)では、新規プロジェクトの作成時に、次のように「Analysis Services 表形式プロジェクト」(Tabular Project)を選択することで、xVelocity モードの Analysis Services へ配置可能なデータベース(テーブル モデル)を作成できるようになりました。

00183

以下の画面は、テーブル モデル(表形式モデル:Tabular Model)のプロジェクトを作成しているときの様子です。

00184

テーブル モデルは、PowerPivot for Excel と同じような操作性で作成することができます。また、このモデルでは、「ロールを利用した行レベルのセキュリティ」や「パーティショニング」機能が利用できるので、セキュリティ強化ビッグデータへの対応性能向上を実現することも可能になりました。

◆ Reporting Services のデータ警告(Alert/通知)機能

SQL Server 2012 では、Reporting Services の新機能の 1つとして「データ警告」機能が提供されました。この機能を利用すれば、レポート内のデータを利用して、特定のルールに基づいて、メールを送信するといったことを簡単に行えるようになります。たとえば、「在庫<=発注点」というルールを設定して、在庫が発注点を下回ったら、メールを送信する、という設定の場合は、次のように設定します。

00185

00186

このように、データ警告を利用すれば、フィールド間あるいは特定の値に対してルールを設定することができ、その結果を定期的にメールとして通達することができるので、大変便利です。

◆ その他の BI/DWH 新機能

SQL Server 2012 には、まだまだ多くの BI/DWH 関連の新機能が提供されています。その主なものは、次のとおりです。

  • Reporting Services での Excel エクスポート時のフォーマットの変更(xlsx形式へ)
  • Integration Services 操作性向上CDC(変更データキャプチャ)のサポート、
  • MDS(マスター データ サービス)の Excel アドイン

15,000 パーティションのサポート

Apache Hadoop への対応(Hadoop Connector による連携など)

このように、SQL Server 2012 では多くの BI/DWH 関連の新機能が提供されています。これらのうち、BI 関連の注目の新機能(Power View やデータ警告、PowerPivot のバージョン アップ、テーブル モデルなど)については、ステップ バイ ステップ形式で説明した本自習書シリーズの新機能編「No.4 BI 新機能ダイジェスト」も用意しているので、こちらもぜひご覧いただければと思います。

◆ おわりに

最後までこの自習書を試された皆さま、いかがでしたでしょうか? SQL Server 2012 には、多くの DWH/BI 関連の新機能が提供されていることを確認していただけたのではないでしょうか。特に、列ストア インデックスは、大きな性能向上を実現することができ、さまざまな場面で活用できるものなので、ぜひ活用してみてください。

この自習書は、「DWH 関連の新機能」版ということで、DWH 関連の新機能に絞ったものでしたが、SQL Server 2012 ではどんな新機能が提供されているのか?ということを知りたい方は、本自習書シリーズの新機能編「No.1 新機能ダイジェスト」をぜひご覧いただければと思います。
http://www.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/2012/technology/self-learning.aspx

また、オンライン ブック(SQL Server のヘルプ)にも詳細手順が記載されているので、こちらもご覧いただければと思います。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms130214.aspx

目次へ | 前のページへ | 次のページへ

事例1

MPNロゴ


SQLQualityは執筆とセミナーを通じて技術の啓蒙やエンジニアの育成支援も行っています
最新刊
SQL Server 2012 の教科書
SQL Server 2012 の教科書(ソシム)

弊社オリジナル制作の
SQL Server 2012 自習書も
マイクロソフトのサイトで公開中!
ロングセラー
ASP.NET でいってみよう  SQL Server 2000 でいってみよう
ASP.NET でいってみよう
第7刷 16,500 部発行
SQL Server 2000 でいってみよう
第12刷 28,500 部発行


セミナー風景
セミナー風景

弊社執筆の
SQL Server 2012 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
ダウンロードはこちら
弊社執筆の
SQL Server 2008 R2 自習書
マイクロソフトのサイトで公開中
全30冊
目次はこちら
松本美穂のコラム
(公開活動などのお知らせ)

第38回: SQL Server 2014 CTP2 の公開
第37回: SQL Server 2014 CTP1 の自習書をご覧ください
第36回: SQL Server 2014 CTP1 のクラスター化列ストア インデックスを試す
第35回: SQL Server 2014 CTP1 のインメモリ OLTP の基本操作を試す
第34回: GeoFlow for Excel 2013 のプレビュー版を試す
第33回:iPad と iPhone からの SQL Server 2012 Reporting Servicesのレポート閲覧
第32回:PASS Summit 2012 参加レポート
第31回:SQL Server 2012 Reporting Services 自習書のお知らせ
第30回:SQL Server 2012(RTM 版)の新機能 自習書をご覧ください
第29回:書籍「SQL Server 2012の教科書 開発編」のお知らせ
第26回:SQL Server 2012 の Power View 機能のご紹介
第25回:SQL Server 2012 の Data Quality Services
第24回:SQL Server 2012 自習書のご案内と初セミナー報告
第23回:Denali CTP1 が公開されました
第22回 チューニングに王道あらず
第21回 Microsoft TechEd 2010 終了しました
第20回 Microsoft TechEd Japan 2010 今年も登壇します
第19回 SQL Server 2008 R2 RTM の 日本語版が公開されました
第18回 「SQL Azure 入門」自習書のご案内
第17回 SQL Server 2008 自習書の追加ドキュメントのお知らせ
第16回 SQL Server 2008 R2 自習書とプレビュー セミナーのお知らせ
第15回 SQL Server 2008 R2 Reporting Services と新刊のお知らせ
第14回 TechEd 2009 のご報告と SQL Server 2008 R2 について
第13回 SQL Server 2008 R2 の CTP 版が公開されました
第12回 MVP Summit 2009 in Seattle へ参加

技術コミュニティでも活動中

Microsoft MVP for SQL Server

松本崇博 Blog(SQL Server Tips)
松本美穂ブログ(SQL Serverノート)